日本成人矯正歯科学会

第27回秋季学会セミナー 抄録

タイトル:技工上手には「ワケ」がある

株式会社ティーズプレート 代表取締役 田井 詳子


歯科技工士免許を持つ私たちは全員技工のスペシャリスト!です。
作業模型上で装置を製作するのが日常の私たち技工士も、矯正歯科医療に従事する皆様と同じく、矯正後の患者さんたちの健康と幸せに、矯正技工を通じて貢献したい、そんな思いで日々技工作業と向き合っているのではないでしょうか?
そのために単なる「技工物」ではなく「矯正技工装置」をつくる必要があると考えます。
私が初めて製作した技工物はリンガルアーチでした。そのリンガルアーチは学生時代の実習の時とは見たことも聞いたことのない全く違う形をした「技工物」でした。「装置」は、治療目標に応じ、時に複雑な機能が組み合わされることがあります。そのため装置の特性や作用機序を把握し、適切に製作できる技工上手になるには、やはり数年の経験が必要です。
一方、装置の製作には必ず正確な作業模型や、適切な材料が必要です。実際の矯正治療においても様々な材料の特性を生かした、多くの装置が使用されています。出来ることなら、その材料を使用しさえすれば、誰でも同じ性能が発揮される矯正装置が製作できることが理想です。しかしながら、実際は私たちスペシャリストであっても材料の取り扱いの技術的要因や経験則によって差が出ているのが実情です。
今回、歯科理工学をベースとした矯正材料の特徴や技工材料の恒常的な取り扱いを見直し、精度の高い装置製作が可能な技工上手をめざしましょう。これは、技工技術や装置製作の際のコミュニケーション能力の向上にも重要です。
明日から、今日までとは違う技工上手といわれる「ワケ」を、それぞれが考えるきっかけの時間になれば幸いです。

矯正治療に用いられる装置を製作するには、3つの能力が必要です。
1 技術力
2 コミュニケーション能力
3 知識力
私が初めて、矯正歯科の技工室ではじめて製作したリンガルアーチは、学生時代の実習の時とは、見たことも聞いたことのない全く違う形をした装置の製作でした。矯正装置は、治療目標に応じ、時に複雑に機能が組み合わされるもので、装置の特性を把握し、適切に製作を行うための技量や、装置について必要な知識を身につけ求められる装置得るには、やはり数年の技工経験が必要です。
しかし、歯科技工士免許を持つ私たちは全員がスペシャリストです!
矯正装置製作には矯正治療の基礎知識や技能が不可欠とは言え、治療に使用される装置は、各種材料の特性を生かし行われていいます。模型上で製作される装置は誰がつくっても同じ性能が発揮されることが理想です。しかしながら、実際はこれらスペシャリストであっても材料の取り扱いの仕方や製作によって性能が影響を受けているのが実情です。
歯科技工士は、技工におけるあらゆる材料の取り扱い能力を身に着けることで、バランスの取れた装置の製作が可能になるはずである。そしてそれは、歯科技工士という資格を十分に活用することになると考えます。
そのような考えから、これまで歯科理工学に関心がなかった技工士が毎日の装置製作で恒常的に技工に用いられる材料を扱うことで明日からの装置製作に取り組むきっかけになり、すこしでも技工上手に近づくことができれば幸いです。
矯正の技工上手には3つの能力を備え持つ必要があると考えています。
1 技術力
2 コミュニケーション能力
3 知識力
矯正の技工作業をおこなうとき、どのようなことを考えながら作業していますか?
模型上で作業する私たち技工士も、矯正医の先生方や衛生士さん同様、模型の先に患者さんがいる。その患者さんの矯正治療後の歯列の長期的安定や笑顔作りという歯科医療に貢献したい、そんな技工を目指しているのではないでしょうか。
そのためには、「(技工)物」ではなく「装置」をつくる必要があると考えます。
歯科医療に用いられる装置は、誰が製作しても同じ性能が発揮できることが理想です。
しかし、実際は製作する技工士によって装置の発揮できる性能は影響を受けているのではないでしょうか?
今回は、技工上手といわれる人達を分析し、「ワケ」について考え。明日からの技工活かしていければ幸いです。製作に矯正歯科治療において求められた性能を発揮できる装置を製作するためにそんな理由について考え

↑ PAGE TOP